ホストはお酒が飲めなければいけない?

ワイン
基本的にお酒が飲めなくてはなりませんし、飲めないとなると使いものになりません。
お客様の中には、「自分が買ったお酒を美味しそうに飲んでくれる男性を見たい」という人もいます。
だからこそボトルを買ってくれますし、気に入ってくれれば指名もしてくれるようになるのです。

キャバクラの場合であれば、どうしてもお酒が飲めなければ断ることも可能ですし、しつこいようだとボーイが止めに入ってくれます。
お客様も無理に女性にお酒を飲ませようとする人よりも、楽しくおしゃべりを楽しんでくれることを望んでいる人が多い傾向にあるからです。

しかしホストに関してはそれとは違います。
会話を楽しみたいと来るお客様も多いのですが、ホストに飲ませること自体が娯楽の1つとなっているのです。
中にはキャバ嬢が憂さ晴らしのために飲ませるという可能性もあるのですが、例えそれがキャバ嬢であってもお客様の1人なので、ご要望にはお応えしなければなりません。

ホストクラブではお酒はつきものですし、お酒を飲むことで色っぽくなったり、警戒心がとけて打ち解けやすくなったりすることもあります。
そのため飲めないとその役は務まらないと思っておいた方が無難でしょう。
どんなに未経験でも良いという求人だったとしても、一切飲めませんとなると採用してもらえない可能性があります。

最初からたくさんの量が飲めなくてはならないわけではありません。
飲んでいくうちに慣れていきますし、自分の限界を知っておくことでお客様を上手にかわす手段も身につきます。
どうしても飲めないという場合には、お客様のかわし方を学ぶ方が賢明です。

例えばお酒がなくても、会話やその場の雰囲気で満足させるのです。
お客様はその場の雰囲気を盛り上げたい、また警戒心をといてお互い寄り添って話をしたいという願望を持っています。
だからこそアルコールの力を借りようとするのですが、最初からそれができれば飲む必要もありません。

女性がなぜ来店したのか、そしてどんな話を聞いてほしいのかをうまく聞き出し、ムードを作ってあげればそれだけで満足なのです。
会話がうまければ、無理に飲む必要がなくなる可能性があるだけではなく、常連になってくれる可能性もあります。
逆にいつまでも会話が下手だと、お客様もお酒に逃げようとするので、いつまでも飲む仕事から抜け出せなくなります。
極力飲まずに仕事をしたいのであれば、それだけのスキルを身に着ければ可能だと覚えておきましょう。